1986 年6月22日  富士スピードウェイ 晴 第36回FNGC



マイティプロダクトが優 勝から5位まで独占すると言う快挙を成し遂げた









レース結果を見る


エキスパートレースビデオ(wmv 96.4M) MPEGファイル(VOB 583.2M)

レース序盤から最後までマイティプロダクトが先導します。途中順位の入れ替えはあったものの、マイティプロダクトが上位を独占している事に変わりはありま せん。
アナウンスのお姉さんも思わず歓声を上げていますので、聞き逃しの無いようボリュームを上げてください。
山田選手はマシンになれるに従ってペースを上げていきます。
「久しぶりだからコーナーで抜くのは止めて、地道にストレートで抜くことにしよう」なんてレース後に優勝の喜びを話していました。

優勝:山田選手、2位:渡辺選手、3 位:井田選手、4位:上原選手、5位:堀池選手、6位:石崎選手
 

スーパープロダクションクラスビデオ(wmv 72.4M) MPEGファイル(VOB 435.3M)

エキスパートと比べるとスピードは落ちますが、みんな頑張っています。


レース終了後ビデオ(wmv 5.2M) MPEGファイル(VOB 32.1M)

マイティプロダクトが上位を独占したので、みんなで記念撮影した所です。
伊藤さん、本当におめでとうございます。「最初で最後でしたけどね!」



かけふさんの解説
ビデオ観てから興奮して・・・寝れません。・・・あの時の1人実況解説、思い出します。
スタート・・・「あの人は、まぁ〜相変わらずッ!」いつもこんな感じ・・・だよな・・・急いで100R外側へ移動

順 位バラバラで・・・わけわかんねぇ〜・・・「あの人トップか!まさか今年チームマイティーとはねぇ〜、あのマシンこの前観たけどスゲェなッ! 情報(後に ガセネタと判明)によると、W.G使用したフレームらしい、それにパンチチューンのエンジン、乗り手は赤ゼッケン1年目で勢いあるし、いいんじゃ ねッ!」・・・
それにしても・・・マイティー行った・・マイティー行った・・・みんなマイティーじゃねぇーかッ!

「おッ!来てるねぇ〜!あの人、黄色ゼッケンの時から観てるけど、相変わらず速えなッ!でも届くかぁ〜?」・・・それにしても・・・みんなマイティー・・・「いつか俺もマイティー!(笑)」・・・ウッソッー!?
「差が?詰まってねぇか?」・・・嘘だろッ!?・・・マジ!・・・届くの?・・・エッー!

長くなりすぎです・・・どうもすいません・・・登場人物の方々、失礼お許し下さい。