kasumiの辞書

久しぶりにFedora16をインストールして使ってみた。

Fedora Core 2の頃と比べるとインストールも楽になったし起動も早くて快適ですね。

ただ困った事にanthyの辞書への追加がうまくいかない。CentOS5.5側の辞書を持っていこうとしたが、どうやって持って行くんだっけ? 忘れないようにメモしておこう。

kasumi や kasumi -a は辞書ツールの起動だったから、anthyツールを使うんだっけ?

ということで、調べたら以下のコマンドが古いメモ帳から見付かった。

辞書の読み出し

anthy-dic-tool –dump > outputfile

辞書の読み込み:(上書きなので注意)

anthy-dic-tool –load < inputfile

辞書の追加:

anthy-dic-tool –append < inputfile

CentOS5.5で辞書を読み出して、Fedora16で辞書の追加を行ったらうまくいった。

One Comment

  • スコップ より:

    より新しいバージョンではオプションの指定が “-” ではなく “–” になったようです。

    辞書の読み出し

     anthy-dic-tool –-dump > outputfile

    辞書の読み込み:(上書きなので注意)

     anthy-dic-tool –-load < inputfile

    辞書の追加:

     anthy-dic-tool –-append < inputfile

コメントをどうぞ


2 − 1 =